ロケーション・エンタテインメント学会

TOPICS

2016.06.22

JALEI学会セミナー

日 時 : 平成28年 6月 22日(水)19:00~
場 所 : 金沢工業大学虎ノ門キャンパス13階
参加費 : 10,000円(企業派遣:5,000円、学生:3,000円)(申込締切:6月17日(金))

【概要】

インターネットを介してパソコンやモバイル・ディバイスを使い賭博行為を行うオンライン・ゲーミング産業は、世界的に著しい成長を遂げており、09年に2兆5642億円であった総売り上げは、15年には4兆2892億円まで激増、18年には5兆8123億円規模になると見込まれている。これらは何らかの適法性を守って運営されているオンライン・カジノの売り上げであり、違法サイトの規模はこうした数値の3倍から5倍であると推測されている。既存カジノ産業に比べ、オンライン事業者は圧倒的に営業利益面で優位にあり、14年度のカジノ産業のEBITが15.3%であるのに対し、オンラインは19.3%を計上している。当初は、小規模なベンチャーが乱立していたオンライン産業は、徐々に資本統合が世界規模で履行され、特に13年に、アメリカのネバダ、ニュージャージー、デラウエアーの3州で合法化されて以降、既存大手カジノ企業やカジノ機材の製造メーカーがオペレーターとして積極的に参入、米国だけで、17年には4兆2737億円に及ぶとの予測もある。既存のオンライン・ゲーミングは主に欧州と米国を対象としているが、今後はその合法市場がさらに成長するとみられる他、現時点では法的な規制外のバーチャル通貨を使用するソシアル・ゲーミングが15年には2兆6587億円規模ではあるが、プレイヤー数が既に1億7千万人を超えていると見られるため、オンライン非合法市場では、今後、大きな成長が期待されている。 本セミナーでは、成長と変貌を遂げるオンライン・カジノ産業の現況を把握し、日本市場にも影響を与え得るソシアル・ゲーミングにも着目、経営、マーケティング、法規制の視座から、総合的な産業構造の解明を試みます。

2015.03.12

JALEI学会セミナー

日 時 : 平成27年 3月 12日(木)19:00~
場 所 : 金沢工業大学虎ノ門キャンパス13階
参加費 : 10,000円(企業派遣:5,000円、学生:3,000円)(申込締切:3月9日(金))

【概要】

カジノ産業の収益において最も重要な顧客は、特定の時間内で巨額の賭け金を動かすVIPやハイローラー客です。例えばマカオ市場では、年間380億ドルの売上の約75%が彼らによるもので、そのうち約95%が中国本土からの顧客だと推測されています。今回のセミナーで取り上げるジャンケッターとは、こうした顧客との関係を開拓・維持することでカジノホテルから手数料を受け取ったり、場合によってはVIPルームを借り上げて胴元となることで利益を稼ぐ存在です。ビジネスモデルに差異はあるものの、政府によってライセンスを付与されており、合法的に客に与信を与えて掛け金をカジノに補償したり、負けた客からの取り立てもビジネスとして行っています。業務の性質上、取り立ての履行を暴力組織に委嘱しているのではないか、資金洗浄組織の一翼を担っているのではないかとの嫌疑がジャンケッターには付き纏います。しかし、北米、シンガポールの大型IRでも合法的に稼働しており、そのうちの数社は香港で上場も果たしています。
日本でカジノが合法化された場合も、ジャンケッターの存在無しにVIPやハイローラー客を呼び込むことは難しく、その経営が難しくなると言われています。しかし、現在検討されているカジノ法案だけでは、ジャンケッターに対する規定や規制、海外からのVIP,ハイローラー客がどのようにして適法に巨額の賭け金を日本へ出し入れできるのかが明確にされていません。
そこで本セミナーでは、ジャンケッターの存在、役務、事業構造を、カジノ先進国の事例から解明し、法的な見地から、日本国内での合法的導入に際しどのような法の改訂が必要となるのかを検討するとともに、地方型IRの推進における現状の課題や、VIP/ハイローラー客の呼び込みの可能性等について議論してまいります。

2014.10.01

K.I.T.メディア・マネジメントセミナー

(K.I.T.コンテンツ&テクノロジー融合研究所 主催)

日 時 : 平成26年 10月 1日(水)19:00~
場 所 : 金沢工業大学虎ノ門キャンパス13階
参加費 : 10,000円(企業派遣:5,000円、学生:3,000円)(申込締切:9月26日(金))

【概要】

ブロードバンドとワイヤレス通信の高度化と汎用により、放送通信産業は、今や第1スクリーン(テレビ放送受像機)から、パソコン、モバイル携帯、タブレット、から第5スクリーン(デジタル・サイネッジ)を介して世界的に報道と娯楽の両面で最も影響力のある存在となっている。本セミナーは、こうしたスクリーンを複合的にビジネスとして活用し、新たな事業を組成することに成功した経営者と、既存市場の防衛と新規事業の開拓を目指す既存メディア産業の経営者の登壇を求め、グローバルな視座から、5つのスクリーンを活用する新たなメディア産業の経営について闊達な協議を行います。

2014.06.04

K.I.T.メディア・マネジメントセミナー

(K.I.T.コンテンツ&テクノロジー融合研究所、一般社団法人ロケーション・エンタテインメント学会 共催)

日 時 : 平成26年 6月 4日(水)19:00~
場 所 : 金沢工業大学虎ノ門キャンパス13階
参加費 : 10,000円(企業派遣:5,000円、学生:3,000円)(申込締切:5月30日(金))

【概要】

北米やアジアのIRでは、ライヴ・エンタテイメントを常設、スポーツ・イベント、特に格闘技を定期的に開催することにより、多くのハイローラーを世界中から集め、一般客も取り込んでカジノ売り上げに寄与させる ビジネスモデルが確立しています。今回のセミナーでは、ラスベガス、マカオ、シンガポールで豊富な実務経験を持つカジノと興行ビジネスのプロフェッショナルが、エンタテインメントとスポーツがカジノ経営にどのように貢献しているのか、その仕組みを解明、日本市場での融合モデルについて示唆を行います。

2014.01.22

K.I.T.メディア・マネジメントセミナー

(K.I.T.コンテンツ&テクノロジー融合研究所、一般社団法人ロケーション・エンタテインメント学会 共催)

日 時 : 平成26年1月22日(水)19:00~
場 所 : 金沢工業大学虎ノ門キャンパス13階
参加費 : 10,000円(企業派遣:5,000円、学生:3,000円)(申込締切:1月17日(金))

【概要】

カジノを核とする大型複合施設、IR(インテグレーテッド・リゾート)の開発が観光産業のみならず経済成長に不可欠であることは、既に、欧米やアジア各国で実証されており、我が国でも、カジノ合法化が秒読み段階にある。しかし、カジノ産業の構造について、国内では情報が混在し、合法化に伴う法整備はもとより、IRの設計、施工、経営、管理、営業のノウハウについて、官民学が共同で研究、検証することが不可欠である。K.I.T.コンテンツ&テクノロジー融合研究所では、3年間に渡り広義のIRであるロケーション・エンタテイメント産業を、米国、韓国のカジノ企業の参加を得た産学協同の協議会を開設、研究を続けてきた。合法化を直前に控えた今、更にその活動を活性化するため、協議会を「ロケーション・エンタテインメント学会」として発展させ、より積極的な有識者による研究を行うことを決定した。本セミナーは、学会の発足を記念して、現役カジノ経営者を含む見識者を迎え、産業構造と日本市場に適したカジノ、IRのあるべき姿について解説、議論するものである。